マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

マキアージュ ドラマティックパウダリー UV (ミニパクト)

ファンデーションは、通常の使用なら、資生堂から発売されている、マキアージュ ドラマティックパウダリー UVが使いやすいです。

マキアージュファンデーション

化粧崩れしにくく、軽い付け心地、あまりくすみもありません

ノーマルで通常使いに向いています。

 

ただし、専用ケースが凹凸のあるギラギラ感で、多少なりとも厚みをかんじてしまう事があまり好みでなくネックでした。

自分は、化粧品、特にファンデーションに関しては、ケース買いをする方で、これまでもケースで物を選ぶ傾向が少なからずあります。

 

そのため、今年の春に「ドラマティックパウダリー UV (ミニパクト)」が発売された時は、どきどきしました。

小さくて、薄くて、コンパクト。

 

開ける時はスライドさせるというちょっと変わった仕様で、高級な感じ(?)

昼食後の化粧直しの際は、必要最低限が入ったポーチしか持ちたくないため、このサイズはとても便利でした。

 

通勤の際も重くなくかさばらずに済みますし、ムースタイプのファンデーションのためか、ケースの中で割れにくい気がします。

ファンデーションの量に関しては、化粧崩れが酷くなる気温の高い時期を除けば、乾燥気味のところにいる場合、慌ただしい化粧直しは鼻の周りだけで良いため、量は少なくても問題ないと思いました。

 

ただし、ケースが使いきりなのが惜しく、ファンデの交換ができるとさらに良いと、強く思っています。

この点が改善されないと、リピート購入が難しいと思います。

 

ケースの色は3タイプありましたが、どれでも似たようなイメージで良さそうです。

逆に何で3種類あるのか不思議に思いました。

 

1個1,400円余りは高いか安いか微妙な所ですが、最初の1個としては凄く良かったと思いました。

洗面所で化粧直しをしている姿はやや気恥しく、顔も化粧道具も同性でもあまり見られたくないため、手のひらサイズのこのケースは使い勝手が良かったです。

 

広く販売されていましたが、まだ知らなかった人も多く、珍しいのか何なのか見知らぬ人にジロジロしつこく見られました…。

 

外出時なども、これ一個をバッグのポケットに放り込んでおけば、とっさの化粧直しができるため便利でした。

限定商品のため、完売すれば終わりのようですが、新規のケースではこうしたスリム設計を採用していただけると、使いやすくてうれしいです。

そうでなけれなレフィルを販売を期待します。

 

人気関連記事

シャネルのペルフェクシオンルミエールフリュイド

フリープラスのBBクリーム

ETVOSの『マットスムースミネラルファンデーション』